BLOG

2018.05.24

金沢『嬉ぐ(うらぐ)』

満を持しての、“俺の店” vol.6。ファンの方々、大変長らくお待たせしました。皆様の期待を超える、熱い一軒をご紹介する時がやって参りました。
金沢の旨いものを知り尽くした常連さまに連れてきて頂いたのをきっかけに、初回からがっちりハートを鷲掴みされ、かなりのハイペースで訪れている『嬉ぐ』。金沢城大手門のすぐそば、静かな路地にひっそりと佇む知る人ぞ知る隠れ家的名店と言ってよいでしょう。
一人で切り盛りされているマスターの森下さんは、七尾のご出身。大阪、兵庫でその腕を磨き、2年前に『嬉ぐ』をオープンされました。日本料理、割烹というと、どこかかしこまったイメージがありますが、ここはカウンター越しにマスターとざっくばらんにいろんな話をしながら、気楽に料理とお酒を味わえます(レシピ以外は何を聞いても答えてくれます!)。カウンターからは作り手の仕事がすべて見ることができ、待つ時間さえも楽しめる。マスターの人柄が生み出すこの距離感も『嬉ぐ』に惹かれる理由なのです。
メニュー表はなく、すべてマスターのおまかせ。しかし、来るたびにいつも新しい料理を食べさせてくれて、例外なく、どれも絶品…。いわゆる王道の日本料理とはちょっと違い、発想豊かなくずしの効いたオリジナルスタイル。今回は、“初夏を感じる料理”をめいいっぱい堪能し、心もお腹も満たされた最高の夜となりました。


金沢城のほとりをウォーキングしながら、ご馳走の待つお店へ。


乾杯のビールのお供は、おかひじきとしめじの和えもの。旬のおかひじきは、シャキシャキとした食感が絶妙。スタートからやられます。


こちらが店主の森下さん。包丁さばきも一部始終堪能できます。


ハモとたけのこのお吸い物。


新鮮なあじとかますのお刺身。わさびと生姜を醤油に混ぜて頂きます。


ハモの炙り…。


イサキの焼き物…。


マスターお勧め、酒どころ姫路の米のささやき。まろやかでフルーティーな味わい。


続いては、たけのこの木の芽味噌田楽。たけのこの風味と、味噌の程よい苦味、相性抜群。


コーンを使ったババロアに、うにを乗せ、出汁で頂くという贅沢。和と洋の見事な融合です。


ハモの天ぷらをお塩で。


そしてシャキシャキの新鮮な玉ねぎとプリプリしたハモの熱々鍋。まさにハモ三昧! ハモ=京都という概念を、完全に覆してくれます。


な、なんと締めにはうな丼…。身がしまっていて、皮もパリパリ。こんな美味しいうなぎ食べたことありません。


最高の夜をありがとうございました。また近々伺います!
富山の方はもちろん、全国各地の皆様、金沢へ来たら是非足を運んでください。

[住所]石川県金沢市大手町2-25 レジデンス大手門1F
[電話]076-254-1123 (※要予約)
[営業時間]11:30~14:00/17:30~21:30
[定休日]水曜
『嬉ぐ』facebookページ

2017.12.25

カニ食べにこられ~!

“俺の店”、第2回でご紹介した「田舎」。
店主の山岡さんから旬の便りがとどきました。
…なんと、圧倒されてしまうほど、立派なカニ!
わたしもいただきましたが、おいしさも食べごたえも満点です。
食べたい方はまずご予約を。茹でたてを味わえますよ。

kani_1
甲羅の大きさ、脚の太さ、いずれも圧巻。
片手でもつとずしりとした重みを感じます。

kani_2
繊細にほどけていく身と、濃厚にひろがっていく味噌。
どちらもたまらないおいしさです。

田舎
[住所]富山市高島66-5
[電話]076-451-0030
[営業時間]11:20~14:00/17:30~22:00
[定休日]月曜

2017.12.20

らーめん はな火

なんと、約1年ぶり!
わたしが愛してやまない富山の名店をご紹介する“俺の店”、
第5回は五福にある「らーめん はな火」です。
ラーメンもおつまみも種類豊富だから、食べてよし、飲んでよし。
「目指せ10品!」を合言葉に、たらふく楽しむのが吉ですよ。

刺身(時価)
sashimi

menu
四方港で水揚げされ実家の鮮魚店より仕入れた季節の魚介。
そのきときとなおいしさをたっぷりと堪能できます。
※日曜など魚市場の休業時は提供していません。

あんばやし(300円)
anbayashi
富山の郷土料理であり「らーめん はな火」の名物料理。
生姜をほどよくきかせた味噌だれがたまりません。

つまみチャーシュー(500円)
tsumamichashu
こっくりとひろがる風味に、とろりととろける食感。
一杯、また一杯と、お酒がすすみます。

自家製餃子(500円)
jikaseigyoza
丁寧に手包みしたこだわりのひと品。
カリカリの皮とジューシーな餡のコンビが最高です。

野菜炒め(500円)
yasaiitame
塩加減がなんとも絶妙。
シンプルだけどクセになるおいしさです。

ニラ玉焼き(550円)
niratamayaki
ふんわりと焼きあげたタマゴ。
そのなかでほどよく散らしたニラの香味が引きたちます。

豚さがり焼き(600円)
butasagariyaki
希少部位である豚さがりをこんがりと。
噛みしめるごとに脂の旨みがひろがります。

らーめん(650円)
ramen
もっちりとした麺に、さっぱりとしたスープ。
おもわずほっとする昔ながらの味わいです。

ブラックらーめん(650円)
blackramen
しっかり、だけど、まろやか。
酒宴のシメにうれしい富山ブラックです。

チャーハン(600円)
chahan
チャーシュー、タマゴ、ネギと、具材はいたってスタンダード。
でも、だからこそ、奥深い風味を叶えています。

ebuchikubo
平日・休日かかわらず続々とお客さんが訪れる人気店。
店主の江淵さんと常連さんが笑いあいつくりだす、
ざっくばらんな雰囲気も魅力です。

らーめん はな火
[住所]富山市五福1929-1
[電話]076-433-9377
[営業時間]平日 11:00~14:00/18:00~深夜1:00
      日曜・祝日 11:00~14:00/18:00~深夜0:00
[定休日]火曜

2016.12.27

吉田屋鱒寿し本舗

わたしが愛してやまない富山の名店をご紹介する”俺の店”。
2016年最後、第4回は安野屋にある「吉田屋鱒寿し本舗」です。
富山土産としてすっかりおなじみのます寿し。
その歴史は江戸時代中期にまでさかのぼり、
富山藩3代藩主・前田利興が8代将軍・徳川吉宗に献上したところ、
絶賛され評判となったのがはじまりなのだそう。
現在、富山市内にはたくさんのます寿し店があり、
それぞれに美味を競っていますが、
わたしにとっての日本一は「吉田屋鱒寿し本舗」!
甘すぎず酸っぱすぎずバランスのいいおいしさは、
他店の追随を許さないのです。

鱒の寿し 一重(1,400円)
ichiju_1 ichiju_2
ふっくらと炊きあげた富山県産コシヒカリと、
さっぱりと酢じめしたマスが絶妙にとけあいます。

鱒の寿し 昆布(1,700円)
konbu_1 konbu_2
バッテラ昆布とおぼろ昆布の旨みがます寿しの風味をさらに深める、
「吉田屋鱒寿し本舗」だけのおいしさです。

鱒の寿し 特選(1,800円)
tokusen_1 tokusen_2
肉厚なマスのハラミのみをつかっており、
豊潤な美味を堪能できます。1日数量限定です。

鱒の寿し 両面(1,900円)
ryomen_1 ryomen_2
マスで酢飯をはさんでおり食べごたえ満点。
1日数量限定、「吉田屋鱒寿し本舗」だけのおいしさです。

all_1 all_2
鱒の寿し各種はホームページからも注文できます。詳しくは下記まで!
http://www.masunosusi.com/

yoshidaya
マスが遡上することから神通川流域を中心につくられるようになったます寿し。
「吉田屋鱒寿し屋本舗」はそんな本場のなかの本場で、
創業より70余年間、厳選材料と全工程手作業にこだわり、
伝統のおいしさをとどけつづけています。

owner poster
3代目店主の吉田正寿さんは、
ミュージシャン、GATTSUKIMANとしても
富山を盛りあげていらっしゃいます!

吉田屋鱒寿し本舗
[住所]富山市安野屋町2-6-6
[電話]076-421-6383
[営業時間]7:00~19:00 ※商品がなくなり次第終了
[定休日]元旦 ※日曜は予約のみの営業

2016.10.26

銀八鮨

ファンの皆様、お待たせしました。
約半年ぶりの更新となる”俺の店”です。
第3回は太田口通り、当店のすぐ裏にある「銀八鮨」。
寿司店にありがちな窮屈さは一切なし!
好きなものを、好きなように、好きなだけ味わえます。

刺身盛り合わせ
sashimori
朝獲れのきときと鮮魚をおまかせで。
この日はトヤマエビやクルマダイの昆布じめをいただきました。

かに酢
kanisu
旬を迎えてますますおいしいズワイガニ。
繊細な身、濃厚な味噌、どちらもたまりません。

いくら醤油漬け
ikura
丁寧に仕込んだ醤油だしはとてもまろやか。
そのなかで大粒のイクラがぷちぷちはじけます。

ばい貝串焼き
baigai
肉厚のバイ貝を炭火でじっくり。
噛みしめるごとに旨みがひろがっていきます。

煮はまぐり
hamaguri
香り高く、味深く、煮つけたハマグリ。
お酒がどんどんすすむおいしさです。

のどぐろ切り身焼き
nodoguro
ふんわりとした身にたっぷりの脂。
切り身で骨がなく食べやすいのもうれしい限りです。

寿司盛り合わせ
nigiri
タラ、マトウダイ、アオリイカ、シロエビ、ズワイガニなど全10貫。
富山湾の旬を存分に堪能できます。

特製あなご握り
anago
アナゴのふんわりとした食感は感動もの!
オーダー必須のひと品です。

地酒
jisake
岩瀬の満寿泉、滑川の千代鶴、百塚の羽根屋、高岡の勝駒、砺波の立山。
西から東までさまざまな富山の地酒が味わえます。
※以上の内容で予算は1人8,000円(飲料代含む)

ginpachizushi
先代から数えて約45年間つづく老舗。
2代目とは高校時代からのつきあいということもあり、
いままであまり食べなかったものも含め、
いろいろなネタのおいしさを教えてもらいました。

銀八鮨
[住所]富山市太田口通り3-1-3
[電話]076-425-2600
[営業時間]17:00~23:00
[定休日]第2・4日曜

2016.04.28

田舎

わたしが愛してやまない富山の名店をご紹介する”俺の店”。
はじまるやいなやたくさんの皆様にご好評をいただきうれしいかぎりです。
さて、第2回は運転免許センターすぐそばにある「田舎」。
飲んで、食べて、シメまでうまい!
これぞ居酒屋のなかの居酒屋です。

もつ煮(730円)
motsuni
とろ~り食感とこっくり風味にぞっこん!
一味唐辛子をきかせるとさらにお酒がすすみます。

刺身盛り合わせ(1人前1,800円~)
sashimori
選りすぐりの朝獲れ魚介をとりどりに。
富山湾の旬がここにあるといっても過言ではありません。

ほたるいかの酢味噌あえ(700円)
ほたるいかの天ぷら(800円)
hotaruika
ぷりっと濃厚な酢味噌あえとさくっと香ばしい天ぷら。
ほたるいかのおいしさをそれぞれに味わえます。

山菜の天ぷら
sansai
ウド、タラの芽、コシアブラ。
豊かな香りと爽やかな苦みがたまりません。

筍の天ぷら(700円)
takenoko
春の味覚の代表格。
独特のおいしさと歯ごたえをシンプルに楽しめます。

串焼き(140円~)
kushiyaki
牛タン串、豚バラ串、鶏モモ串、砂肝串、シロ串。
どれも噛みしめるごとに旨みがひろがります。

もつ煮込みうどん(830円)
motsunikomiudon
自慢、看板、人気No.1のひと品。
モツの旨みがとけこんだスープはクセになるおいしさです。

カレー煮込みうどん(830円)
currynikomiudon
スパイスの芳醇な香りに食欲は刺激されっぱなし!
スープがあまったらごはんをいれてカレー雑炊にしましょう。

inaka
千客万来のお店を切り盛りする店長さんとそのお母さん。
とにかくパワフルでなによりチャーミングです。

田舎
[住所]富山市高島66-5
[電話]076-451-0030
[営業時間]11:20~14:00/17:30~22:00
[定休日]月曜

2016.03.25

中華・とんかつ処 伊志井

お客様をおもてなししたり、プライベートで通ったり。
わたしが愛してやまない富山の名店を“俺の店”としてご紹介します。
第1回は太田口通りにある「中華・とんかつ処 伊志井」。
親子3人が切り盛りするこの名店では、
美味あふれるひと皿、そして、人情味あふれる富山弁に出逢えます。

お新香盛合わせ・大(500円)
tsukemono
お母さんが漬けたあっさりやさしいお新香。
とんかつが揚がるのを待ちながらつまむのがおすすめです。

豚汁(500円)
tonjiru
これぞ日本一の豚汁!
酒粕が醸しだす甘みととろみがたまりません。

冷製蒸し鶏の葱ソース(850円)
mushidori
中華料理をつくるのは息子さん。
柔らかな蒸し鶏に香り豊かな葱ソースがからみます。

四川麻婆豆腐(900円)
mabodofu
はっきりとした辛さのなかにしっかりとした旨み。
オーダー必須のひと品です。

ロースとんかつ(950円)
tonkatsu
誰からも愛される看板メニュー。
お父さんのこだわりが叶えた
カリッとジューシーなおいしさがクセになります。

エビフライ(1,200円)
ebifurai
ボリューム満点、おいしさ抜群。
お腹も心も満たされること間違いなしです。

杏仁豆腐(350円)
annindofu
こっくりとした風味で、とろけるような食感。
別腹でふた皿いけます!

ishii
お父さんと息子さんと一緒に。
お母さんを含め、3人の温かな人柄にも惚れこんでいます。

中華・とんかつ処 伊志井
[住所]富山市太田口通り1-6-20
[電話]076-422-1432
[営業時間]11:30~14:30(LO)/17:00~21:00(LO)
[定休日]火曜