BLOG

2017.12.20

らーめん はな火

なんと、約1年ぶり!
わたしが愛してやまない富山の名店をご紹介する“俺の店”、
第5回は五福にある「らーめん はな火」です。
ラーメンもおつまみも種類豊富だから、食べてよし、飲んでよし。
「目指せ10品!」を合言葉に、たらふく楽しむのが吉ですよ。

刺身(時価)
sashimi

menu
四方港で水揚げされ実家の鮮魚店より仕入れた季節の魚介。
そのきときとなおいしさをたっぷりと堪能できます。
※日曜など魚市場の休業時は提供していません。

あんばやし(300円)
anbayashi
富山の郷土料理であり「らーめん はな火」の名物料理。
生姜をほどよくきかせた味噌だれがたまりません。

つまみチャーシュー(500円)
tsumamichashu
こっくりとひろがる風味に、とろりととろける食感。
一杯、また一杯と、お酒がすすみます。

自家製餃子(500円)
jikaseigyoza
丁寧に手包みしたこだわりのひと品。
カリカリの皮とジューシーな餡のコンビが最高です。

野菜炒め(500円)
yasaiitame
塩加減がなんとも絶妙。
シンプルだけどクセになるおいしさです。

ニラ玉焼き(550円)
niratamayaki
ふんわりと焼きあげたタマゴ。
そのなかでほどよく散らしたニラの香味が引きたちます。

豚さがり焼き(600円)
butasagariyaki
希少部位である豚さがりをこんがりと。
噛みしめるごとに脂の旨みがひろがります。

らーめん(650円)
ramen
もっちりとした麺に、さっぱりとしたスープ。
おもわずほっとする昔ながらの味わいです。

ブラックらーめん(650円)
blackramen
しっかり、だけど、まろやか。
酒宴のシメにうれしい富山ブラックです。

チャーハン(600円)
chahan
チャーシュー、タマゴ、ネギと、具材はいたってスタンダード。
でも、だからこそ、奥深い風味を叶えています。

ebuchikubo
平日・休日かかわらず続々とお客さんが訪れる人気店。
店主の江淵さんと常連さんが笑いあいつくりだす、
ざっくばらんな雰囲気も魅力です。

らーめん はな火
[住所]富山市五福1929-1
[電話]076-433-9377
[営業時間]平日 11:00~14:00/18:00~深夜1:00
      日曜・祝日 11:00~14:00/18:00~深夜0:00
[定休日]火曜