BLOG

2018.05.24

金沢『嬉ぐ(うらぐ)』

満を持しての、“俺の店” vol.6。ファンの方々、大変長らくお待たせしました。皆様の期待を超える、熱い一軒をご紹介する時がやって参りました。
金沢の旨いものを知り尽くした常連さまに連れてきて頂いたのをきっかけに、初回からがっちりハートを鷲掴みされ、かなりのハイペースで訪れている『嬉ぐ』。金沢城大手門のすぐそば、静かな路地にひっそりと佇む知る人ぞ知る隠れ家的名店と言ってよいでしょう。
一人で切り盛りされているマスターの森下さんは、七尾のご出身。大阪、兵庫でその腕を磨き、2年前に『嬉ぐ』をオープンされました。日本料理、割烹というと、どこかかしこまったイメージがありますが、ここはカウンター越しにマスターとざっくばらんにいろんな話をしながら、気楽に料理とお酒を味わえます(レシピ以外は何を聞いても答えてくれます!)。カウンターからは作り手の仕事がすべて見ることができ、待つ時間さえも楽しめる。マスターの人柄が生み出すこの距離感も『嬉ぐ』に惹かれる理由なのです。
メニュー表はなく、すべてマスターのおまかせ。しかし、来るたびにいつも新しい料理を食べさせてくれて、例外なく、どれも絶品…。いわゆる王道の日本料理とはちょっと違い、発想豊かなくずしの効いたオリジナルスタイル。今回は、“初夏を感じる料理”をめいいっぱい堪能し、心もお腹も満たされた最高の夜となりました。


金沢城のほとりをウォーキングしながら、ご馳走の待つお店へ。


乾杯のビールのお供は、おかひじきとしめじの和えもの。旬のおかひじきは、シャキシャキとした食感が絶妙。スタートからやられます。


こちらが店主の森下さん。包丁さばきも一部始終堪能できます。


ハモとたけのこのお吸い物。


新鮮なあじとかますのお刺身。わさびと生姜を醤油に混ぜて頂きます。


ハモの炙り…。


イサキの焼き物…。


マスターお勧め、酒どころ姫路の米のささやき。まろやかでフルーティーな味わい。


続いては、たけのこの木の芽味噌田楽。たけのこの風味と、味噌の程よい苦味、相性抜群。


コーンを使ったババロアに、うにを乗せ、出汁で頂くという贅沢。和と洋の見事な融合です。


ハモの天ぷらをお塩で。


そしてシャキシャキの新鮮な玉ねぎとプリプリしたハモの熱々鍋。まさにハモ三昧! ハモ=京都という概念を、完全に覆してくれます。


な、なんと締めにはうな丼…。身がしまっていて、皮もパリパリ。こんな美味しいうなぎ食べたことありません。


最高の夜をありがとうございました。また近々伺います!
富山の方はもちろん、全国各地の皆様、金沢へ来たら是非足を運んでください。

[住所]石川県金沢市大手町2-25 レジデンス大手門1F
[電話]076-254-1123 (※要予約)
[営業時間]11:30~14:00/17:30~21:30
[定休日]水曜
『嬉ぐ』facebookページ

2018.05.19

バリエーション豊かに。ブレイシーズ、久々の入荷です。

3ピースを着こなすならば、必須アイテムとなるブレイシーズ(サスペンダー)。
先月の英国出張のタイミングで、ロンドン・ホルボーンのテーラー<CONNOCK&LOCKIE>http://connockandlockie.comにオーダーした品が早速届きました。
<CONNOCK&LOCKIE> は100年以上続く老舗で、現在は長島さんという日本人の方がオーナーを引き継いでいます。今後イギリスでも飛躍的に活躍しそうな、知る人ぞ知る実力派テーラーの一つです。
今回取り扱うブレイシーズは、幅40mm。トラウザーズを吊った時に、肩に掛かる重力が軽減されるベストな太さです。すべて、ブレイシーズの代名詞的存在とも言える専門メーカー<ALBERT THURSTON>社製。“Handmade in England”と記されるとおり、一本一本職人たちの細かな手作業から生まれています。ストラップやバックル、エンドの色も様々。どんな色のスーツやネクタイにも合わせられるよう、バリエーション豊かに取り揃えました。<CONNOCK&LOCKIE>、<ALBERT THURSTON>両ブランド名の二刀流で、全13種類。オンラインショップでもご購入いただけます。リーズナブルな設定になっておりますので、この機会にぜひお買い求めください。 https://most.base.shop

<CONNOCK&LOCKIE>


1.Ribbon Braces Plain Wine ブレードエンド(黒)
バックル:シルバー
¥13,000(税別)


2.Ribbon Braces Plain Dark ブレードエンド(黒)
バックル:シルバー
¥13,000(税別)


3.Ribbon Braces Plain Midnight ブレードエンド(黒)
バックル:シルバー
¥13,000(税別)


4.Ribbon Braces Plain Navy ブレードエンド(黒)
バックル:シルバー
¥13,000(税別)


5.Ribbon Braces Plain Tartan ブレードエンド(黒)
バックル:シルバー
¥13,000(税別)


6.Ribbon Braces White Moire ブレードエンド(白)
バックル:シルバー
¥13,000(税別)


7.Box Cloth Navy 型押しカバードエンド(黒)
バックル:ゴールド
¥15,000(税別)

<ALBERT THURSTON>


8.Ribbon Braces  Plain Almond ブレードエンド(トップベージュ)
バックル:ゴールド
¥14,000(税別)


9.Ribbon Braces  Plain Khaki ブレードエンド(トップベージュ)
バックル:ゴールド
¥14,000(税別)


10.Ribbon Braces  Plain Smalt ブレードエンド(トップベージュ)
バックル:ゴールド
¥14,000(税別)


11.Ribbon Braces  Plain Amethyst ブレードエンド(白)
バックル:ゴールド
¥14,000(税別)


12.Ribbon Braces  Plain Olive ブレードエンド(トップベージュ)
バックル:ゴールド
¥14,000(税別)


13. Ribbon Braces Plain Black カーフレザーエンド
バックル:シルバー
¥14,000(税別)

オンラインショップはこちら
https://most.base.shop

2018.05.12

Yohei Fukudaパターンオーダー会 御礼

職人とお客様の距離が近ければ、より質の高いものが生まれる。そう実感した1日でした。
5/5に行われた靴職人・福田洋平氏によるパターンオーダー会。福田氏にとって地元富山での初の受注会、そしてお客様にとっては慣れ親しんだ場所で行われたこともあり、アットホームな雰囲気の中、会話は弾み、心地よい時間はあっという間に過ぎて行きました。
Yohei Fukudaの靴を買う際の選択肢は三つ。既製靴か、パターンオーダーか、そしてフルオーダーか。福田氏自身がお客様の要望を聞き、両足の形状を細かく把握したうえで、どんな選択肢が最良かを即座に提案する。お客様の足に合わないものは売らないという徹底した職人目線の靴の売り方、妥協点を見出すまでのプロセスはさすがだなと、横で見ていた私自身とても勉強になりました。

今回は、既製靴からフルオーダーまで、5名の方にご注文をいただきました。当日お越し頂いたお客様、そして来られなかった方々の声を聞くと、来年もおそらく、この素晴らしい会は開かれることになるでしょう。
出来上がってきた靴は、順次こちらのブログでご紹介していきます。
お越し頂いた皆様、そして福田洋平さん、ありがとうございました。

2018.05.10

オンラインショップのご案内

先日ご紹介したポロシャツには、おかげさまで多くの反響を頂いています。
改めてのお知らせになりますが、the Mostウェブサイト内のネット通販で全色、全サイズご購入頂けます。
あわせてネクタイやカフリンクス、コートなども載せていますので、ぜひご利用ください。


https://most.base.shop

2018.05.06

クールビズについて考える。

クールビズという言葉が出始めて10年以上が経ちました。日本独自のこの流れ自体は、ここまで続くともう無くなることはないでしょう。
ビジネスマンの快適性を促す、という意味では決して悪いことではないのですが、“ノータイ”、“半袖シャツ”などのキーワードが一人歩きし、涼しければ何でもあり? とさえ思えるようなスタイルが街に溢れていることには違和感を感じます。ウールのスーツ(特にストライプなどの柄物)は、ネクタイを締めることで完成する洋服。それをノータイ、ノージャケットで着ることがあたりまえになるという風潮は、洋服屋としてはあまり喜べるものではないのです。
職場によってクールビズに対する許容範囲も様々であることも理解していますが、ノータイで砕けるのであれば、涼しいメッシュのジャケットを組み合わせたジャケット&トラウザーズのスタイルに、ぜひトライしてみてはいかがでしょうか。
接する相手やTPOに合わせるという概念は日本人の美徳であり、やはりジャケットは日本のビジネスシーンにおいて不可欠なアイテムです。
本当に涼しいものを一着用意することで、夏の着こなしへの考え方も変わってくるはず。猛暑日には脱ぎ、手に持っているだけでも良いのです。
今回は、おすすめのメッシュのジャケット、そしてそれに合うシャツ、トラウザーズを含めたthe Most的クールビズスタイルを提案させて頂きます。

JACKET
①TAYLOR&LODGE スーパー100ウール&キッドモヘア ネイビー
子山羊の毛を使った繊細な素材。シャリっとした肌触りが、心地よい清涼感を生んでくれます。羽織っても、とにかく軽い。

[JACKET]¥90,000(税別)
[MIXING RATE]ウール74%、キッドモヘア26%
[WEIGHT]290g/m²

②TAYLOR&LODGE スーパーフレッシュ ネイビー
目が粗く、風通しも良い。薄手だが、しっかりとした生地。驚くほどシワになりにくいのも特徴。

[JACKET]¥95,000(税別)
[MIXING RATE]ウール100%
[WEIGHT]400g/m²

③TAYLOR&LODGE スーパーフレッシュ チャコールグレー
落ち着いた印象のチャコールグレーは、明るめのトラウザーズと合わせたい。

[JACKET]¥95,000(税別)
[MIXING RATE]ウール100%
[WEIGHT]400g/m²

SHIRT
①Grandi&Rubinelli  
Made in Italyのコットンリネン。糸が細く、混合率も鮮やか。夏場気になりがちな汗ジミも、リネンであれば目立ちません。

左から、白×ブルー、白×ネイビー(ともにキャンディーストライプ)、白
[SHIRT]¥29,000(税別)
[MIXING RATE]綿65%、リネン35%

②SPENCE BRYSON
麻の代表格とも言えるアイリッシュリネン。麻独特の肌触りで勝負するならこの一枚。

左から、白、パウダーブルー
[SHIRT]¥28,000(税別)
[MIXING RATE]アイリッシュリネン100%

TROUSERS
①Oldgate ミディアムグレー
平織りで薄い、英国のポリエステル。もっともシワになりにくい生地。ネイビーのジャケットによく似合います。

[TROUSERS]¥35,000(税別)
[MIXING RATE]ポリエステル45%、ウール55%
[WEIGHT]300g/m²

②Oldgate ダークグレー
こちらもネイビーのジャケットにオススメです。

[TROUSERS]¥35,000(税別)
[MIXING RATE]ポリエステル45%、ウール55%
[WEIGHT]300g/m²

③DUGDALE BROS&CO ライトグレー
清涼感のあるライトグレーは重たくなりがちなチャコールグレーのジャケットとの相性が良い一着。

[TROUSERS]¥42,000(税別)
[MIXING RATE]ウール100%
[WEIGHT]280g/m²

④DUGDALE BROS&CO グレンチェック
千鳥格子とストライプが組み合わさった主張のある一着。こちらもチャコールグレーのジャケットに似合います。

[TROUSERS]¥38,000(税別)
[MIXING RATE]ウール100%
[WEIGHT]280g/m²

2018.05.02

二つボタンの定番・鹿の子ポロ。全9色、揃いました。

今年も、この季節がやってきました。
the Most初年度から作り続けている定番、二つボタンのポロシャツ。
シーズンになると毎年各色買いされるお客様も多い人気アイテムです。
ポロシャツの色によって、白蝶貝(パール)と黒蝶貝の二種類のボタンを使い分け、大人がシーンを選ばず着られるよう刺繍などは入れずにシンプルでミニマルなデザインに仕上げています。
日本人の骨格に合わせ、前型補正を施したオリジナルのパターンをもとに、本場フランス・トロワの縫製工場で生産しています。鹿の子編み特有のざっくり感、230g/m²のヘビーウェイトのタフな生地。汗の吸いもよく、ガンガン洗って色落ちを楽しみたい一品です。

各¥16,000(税別)
オンラインショップでもご購入いただけます。
https://most.base.shop

【XXS/着丈:60.5 肩巾:43.0 袖丈:20.0 胸囲:95.0】
【XS/着丈:63.0 肩巾:44.0 袖丈:20.5 胸囲:98.0】
【S/着丈:64.0 肩巾:45.0 袖丈:21.0 胸囲:101.0】
【M/着丈:65.0 肩巾:46.0 袖丈:21.5 胸囲:104.0】
【L/着丈:66.0 肩巾:47.0 袖丈:22.0 胸囲:107.0】
【XL/着丈:68.0 肩巾:49.0 袖丈:23.0 胸囲:111.0】
※単位はcm


2018.04.28

GWおよび5月休業日のご案内

いつもthe Mostをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
晴れやかな朝、今日から連休に入られる方も多いかと思いますが、
当店のGWおよび5月の休業日についてご案内いたします。
GWは、4月30日、5月1日の二日間お休みを頂きます。
また5月5日は、靴職人・福田洋平氏のパターンオーダー会をthe Mostにて終日開催しております。
5月14日は出張のため、臨時休業。他は通常となります。
よろしくお願いいたします。

休業日のお知らせ
・4月30日(月)、5月1日(火) 臨時休業
※5月5日(土) 福田洋平氏パターンオーダー会
・5月14日(月) 臨時休業

上記以外、通常通りの営業となります。

2018.04.26

夏に向け仕立てておきたい、モヘア地を厳選。

モヘアとは、アンゴラヤギから採れる毛のこと。その特徴としては、軽く、とにかく涼しい着心地。これからの季節には、なくてはならない一着であると自信を持っておすすめします。薄いけど丈夫、そしてシワになりづらいのもモヘア地の特徴と言えます。独特のシャリっとした肌触りが、極上の清涼感を生みます。
中でもキッドモヘアは、生後間もない子ヤギの細い毛を使っており、最高ランクの生地と言えます。今回は、“無地”に絞ったモヘアのフルラインナップをお届けします。

1.William Halstead スーパ−120ウール×サマーキッドモヘア ロイヤルブルー

まさに、盛夏向き。美しいロイヤルブルー。
[2PIECES]¥110,000(税別)
[3PIECES]¥130,000(税別)
[MIXING RATE]ウール75%、キッドモヘア25%
[WEIGHT]240g/m²

2.JHON FOSTER スーパ−120×サマーキッドモヘア ブルーグレー

[2PIECES] ¥95,000(税別)
[3PIECES]¥115,000(税別)
[MIXING RATE]ウール94%、キッドモヘア6%
[WEIGHT]240g/m²

3.DOR MEUIL ミスティックモヘア グレー

150年続く世界最古のマーチャント『ドメール』のラインナップの中でも、このミスティックモヘアは、夏の主役格。
[2PIECES]¥110,000(税別)
[MIXING RATE]ウール95%、キッドモヘア5%
[WEIGHT]280g/m²

4. William Halstead モヘアエクスプローラー ダークグレー

今回紹介する生地の中でも、もっともシワになりにくい素材。
[2PIECES]¥125,000(税別)
[3PIECES]¥145,000(税別)
[MIXING RATE]ウール40%、モヘア60%
[WEIGHT]280g/m²

5. William Halstead 2プライ モヘアトニック ネイビー

『ウイリアムハルステッド』のド定番。ブレザーにも良い。
[2PIECES]¥115,000(税別)
[3PIECES]¥135,000(税別)
[BLAZER] ¥90,000(税別)ボタン代は別途
[MIXING RATE]ウール70%、モヘア30%
[WEIGHT]330g/m²

6.TAYLOR&LODGE ゴールデンベイル サマーキッドモヘア ライトグレー

『テイラーアンドロッジ』の130周年記念として生まれた生地。モチっとした肌触り。まさに最高級。
フォーマルな結婚式に、ぜひお仕立て頂きたい一着。
[2PIECES]¥140,000(税別)
[3PIECES]¥160,000(税別)
[MIXING RATE]ウール40%、キッドモヘア60%
[WEIGHT]280g/m²

7. TAYLOR&LODGE スターライト サマーキッドモヘア ミディアムグレーシャンブレー

シャンブレー独特の光沢が美しい。
[2PIECES]¥140,000(税別)
[MIXING RATE]ウール40%、モヘア60%
[WEIGHT]280g/m²

8.SCABAL モンテゴベイ キッドモヘア ロイヤルブルー

平織りのヴィンテージ素材。ドライなタッチがお好みの方におすすめ。
[2PIECES]¥145,000(税別)
[MIXING RATE]ウール90%、キッドモヘア10%
[WEIGHT]300g/m²

2018.04.20

2018 英国紀行

毎年のように訪れているイギリスも、4月の出張は今回が初めて。例年の2月に比べて、穏やかな陽気が待っているかなという期待もあったのですが、まだまだ冷え込みが厳しく春の訪れはもう少し先のようです。そんな中、怒涛のように駆け回った一週間を振り返りたいと思います。

4/4 Wed
ロンドン・ヒースロー空港到着後、すぐに車を走らせ一路マンチェスターへ。



4時間半かけてたどり着いたのは『English Fine Cotton』というコットンミル(綿の織元)。2016年にスタートした新しい会社ですが、この建物の中には最新の機械が揃っていて、古き良き時代のコットン地を再現しようと頑張っています。一昔前はこの地区にも数多くのミルが存在しましたが、こうして生き残っているところは『English Fine Cotton』とあと一軒のみ。スーピマコットンを栽培から手がけていて、紡績から織りまで自社工場で一貫して行っています。


マンチェスターにも富山の街と同じく路面電車が走っています。
そして夜は、お気に入りのレストラン『HAWKS MOOR』へ。

パブ風の良い雰囲気のお店。地元マンチェスター牛のリブステーキも美味ですが、こちらのロブスターも最高でした!

4/5 Thu
夏に向けたシアサッカーショーツのサンプルを依頼する為、朝からヘブドンブリッジに向け出発。


ヘブトンブリッジへ向かう途中の景色。
こんな感じで、いたるところに湖が出現するのもイギリスならでは。


4月と言ってもまだ気温は低く、丘の上には霜が降りていました。


こちらがトラウザーズ工場『Shorties』。24年ぶりに訪れました。自分がイギリスで修行していた当時は、一世を風靡していた有名なトラウザーズメーカーです。素朴な外観からは想像つきませんが、良いものを作ります。




夏に欠かせない一着として依頼したシアサッカーショーツの仕上がりは、6月末。
細畝(ブルー)、太畝(グレー)の二種類、各20着でオーダー。
みなさん楽しみにしていてください。


『Shorties』の社長リチャードさんは、元学校の先生。地元の学校の制服なども手がけています。

その足で、マックルズフィールドの『Adamley』に立ち寄り、ニューデザインの50ozシルクとポケットチーフを依頼。


夜はイギリス料理の代名詞とも言えるフィッシュ&チップスのお店『Pier 1』。魚も数種類選べて、前菜も豊富で、どれも美味しいんです。

4/6 Fri
メリノウールのタートルネックのサンプル依頼の為、ロンドン市内の『Albion』へ。初めての訪問でしたが、打倒ジョンスメドレーを掲げて、なんとか小ロットで受けてくれました。こちらは今季冬には間に合いそうです。


帰宅後は日課のように、リッチモンドのステイ先で主人のポールさんと打ち合わせ。


こちらは、ポールさんの友人のフィルさんと愛犬のデューク。めちゃくちゃ可愛いくて癒された…。

土日は基本、工場はお休み。土曜日はロンドン市内でショッピングをしイングランドラグビーチームの本拠 Twickenhamのジムのサウナで汗を流し、リフレッシュ。

ステイ先のリッチモンドはロンドン南西部に位置し、テムズ川に囲まれた穏やかで過ごしやすい街です。著名人も多く住み、高級住宅街としても知られています。

4/9 Mon 
ネクタイメーカー『Mustard』へ行き、新作のタイ、スカーフ等を発注してきました。

4/10 Tue
出張最終日はヒースロー空港に行く前に、コート工場『London Clothing Works』に立ち寄り、コート類の打ち合わせをしてきました。新作のフィールドコートに、シングルトレンチ、ゴルファー、クラシックラグランの全4型です。こちらもぜひ楽しみにしていてください。


今回の出張もこのレンジローバーでイングランド中を巡りました。
どの工場も古き良きMade in Englandの品質を復活させようと必死に頑張っていて、まだまだイギリスは終わっちゃいないなと、強く感じることができました。

最後に、おすすめのレストランを紹介しておきます。

写真でも紹介した『HAWKSMOOR』と『Pier 1』以外にも、
・『肴菜亭』ロンドンで日本食が恋しくなったら、ぜひこちらへ。フードは100種類以上、お酒も50種類ほどあり、国内の居酒屋よりも充実しているかも。
・『LA TROMPETTE』本格派の高級フレンチ。コースに出てくる、どの料理も絶品…。そこそこ値段は張りますが、是非ロンドンに行った際には訪れて欲しいお店です。
この後、イギリスに行かれる方はぜひ。

2018.04.11

雨のロンドンより。福田洋平氏パターンオーダー会、靴紹介です。

ロンドンは連日雨模様で、こちらに来てから晴れたのは一日だけと富山並みに寒い日が続いています。
そんな中、各地工場での打ち合わせや春夏の仕込みに奔走し、皆様の期待にお応えできる充実した内容となっています。お伝えしたい話は盛り沢山ですが、帰国してから改めて英国紀行としてご報告したいと思います。
さて、先月みなさまにご案内させて頂きました5/5(土)の靴職人・福田洋平氏パターンオーダー会開催につきまして、今日現在、早くも5名の方に予約を頂いており、残すところ数名となりました。
Yohei Fukudaは今後、ニューヨーク、香港、北京、シンガポール、ロンドン、パリなどへの展開を予定しており、メイクトゥーオーダーに関しては納期が長くなる事が予想されます。今回のthe Mostでのパターンオーダー会は貴重な機会となりますので、是非みなさまのご来店をお待ちしております。
なお4/12(木)まで英国出張中につき、ご希望の方はメールにてお問い合わせ頂けたら幸いです。
mosttoyama@themost.co.jp

パターンオーダー ¥270,000〜
◆日時 5月5日(土・祝)12:00~20:00
◆場所 the Most

パターンオーダー会で受注できるそれぞれの靴について、福田洋平氏自身による解説をお届けいたします。

Teal
「飾りのないシンプルで洗練されたティールは、最もエレガントなオックスフォードです。ミッドナイトブルー、チャコールグレーなど、フォーマルなスーツスタイルには是非、黒のストレートチップを…。シンプルな靴なので、素材、作り、形、全体的なプロポーションがより重要となる靴です。」

Celeste
「Yohei Fukuda の靴の中で最も代表的なモデル、セレスト。パーフォレーションの入ったキャップトウ。100年前の靴のアーカイブを見ると、ほぼキャップにパーフォレーションが入っています。ブランドを立ち上げる時、一番最初に作ったモデルがこのセレストです。」

Guethe
「スーツスタイルにもジャケットスタイルにも幅広く合わせられる、ゲーテ。特に焦げ茶のゲーテは一番人気があり、現時点、全サイズ、売り切れとなっています。出張に1足だけしか靴を持っていけないとなると、万能なゲーテを選びます。」

Ebony
「1足に約800個の穴がありますが、1穴1穴、手で空けています。フルブローグというとカジュアルなイメージがありますが、エボニーはエレガントに仕上げました。黒のフルブローグを履いている紳士は、ロンドンでも多く見かけます。カントリースタイルには必須の1足です。」